都立病院の看護師の麻酔科の求人は?

都立病院看護師ガイド >> 都立病院の看護師の麻酔科の求人は?

都立病院の看護師の麻酔科の求人は?

その時代に応じた社会変化や医療状況に適合した最新の医療サービスを多くの都民に提供してきた都立病院ですが、今では広尾病院・大塚病院・駒込病院・墨東病院・多摩総合医療センター・神経病院・小児総合医療センター・松沢病院の8病院があり、これらすべての病院に麻酔科があります。例えば広尾病院にある麻酔科の特色や専門領域ですが11室ある中央手術室では、7人の患者さんの予定手術と2人の患者さんの緊急手術が同時に行える体制が準備されています。

11室ある中央手術室には通常手術で使われる麻酔機器やモニターだけでなく、最新の経食道心エコー・BISモニター・ビジレオモニターなどが完備されています。これら最新の機器を使い患者さんの手術中の安全を確保し、それぞれの患者さんの状態にあった最適な麻酔が行われています。また手術の際の患者さんの麻酔管理はもちろんのこと、術後の痛みの管理やペインクリニック外来なども行っています。常勤の麻酔医12名とレジデントを含む非常勤医師9名が、基幹病院として高度先進医療を担っている広尾病院を支えています。

また近年の取り組みとして外科系各科と協力して術後の回復強化プロトコールで周術期管理を行い、周術期の質の向上や術後の早期回復に貢献しています。例えば予定手術の患者さんの場合には外来で手術前の診察を行い、麻酔方法・麻酔の危険性・周術期の目標などを説明しています。また手術前日には担当の麻酔科医が病室に回診して、その後に指導麻酔科医と麻酔計画を作成します。術後の疼痛緩和にも力を入れていて硬膜外ブロックや、超音波ガイド下持続末梢神経ブロックなどの最新の麻酔手技も積極的に採用しています。

大塚病院の麻酔科ではトレーニングを積んだ専門の麻酔科医が年間の約2500の麻酔管理を行っていて、例えば集中治療室では重症の急性期治療や全身管理を行っています。具体例としては心筋梗塞・クモ膜下出血・中毒・多臓器障害・脳や肺などの大手術後や、諸臓器機能低下のために術後に合併症の心配がある患者さんが対象になります。そのため人工呼吸管理・血液透析・ペースメーカーなどが必要となることもあり、チ−ムとして麻酔医療を集中的に行って対応に努めています。

看護師に人気が高い都立病院では新卒、および中途の求人を行っています。新卒の採用が原則で欠員が出ない限り、なかなか中途の求人を目にすることもないので今がチャンスかもしれません。ただ都立病院では出来る限り本人の希望に沿うようにしていますが、たとえ採用されても100%麻酔科に配属される保証はありません。また都立病院の求人情報に関してもっと知りたい方は、ナース人材バンクなどの看護師専門の転職サイトにご相談下さい。

都立病院の看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>都立病院の看護師求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2015 都立病院看護師ガイド※都立病院に転職したい看護師さんへ All Rights Reserved.