都立病院の看護師の病理科の求人は?

都立病院看護師ガイド >> 都立病院の看護師の病理科の求人は?

都立病院の看護師の病理科の求人は?

各診療科が連携して様々な合併症や症状等に対応した治療を行う都立病院ですが、今では広尾病院・大塚病院・駒込病院・墨東病院・多摩総合医療センター・神経病院・小児総合医療センター・松沢病院の8病院があります。これら病院のうち病理科があるのは広尾病院・大塚病院・墨東病院・小児総合医療センターの4病院だけで、病理科はもともとは医療法で定義された診療科名ではありませんでした。しかし医療法の改正で2008年4月1日から病理診断科や臨床検査科や、検査科として診療科名に標榜が可能になりました。

病理科では主に患者さんの体から採取した組織片や、細胞を顕微鏡で調べる検査を行っています。例えば広尾病院の検査科の特色や専門領域は一般検査・血液検査・生化学免疫などの検査検体系検査と、輸血検査・細菌検査・病理検査・生理検査に分かれています。広尾病院の中央採血室では検査に必要な外来患者の採血を看護部と共同で運営していて、病理検査では都立病院の特色でもある救急医療を中心とする広い範囲の病気に対応できるようにしています。また循環器疾患に対する経験を生かした研究活動も行われていて、輸血科では安全で適正な輸血医療を行うために血液型検査や交差適合試験などを行っています。

また大塚病院の検査科では当院の課題である重点医療に対応するために、適時かつ適切な検査情報を正確で迅速に臨床側へ日々提供しています。具体的には電子カルテシステムと検査実施システムで検査情報を効果的に臨床側に提供し、検査業務は一般検査・血液検査・生化学検査・免疫血清検査・細菌検査・病理検査・輸血検査・生理検査の8つの部門に分類されています。さらに日常検査の他にも休日や夜間の緊急検査にも対応し、外来患者の検査用採血も行っています。さらに各診療科との協力で、輸血用血液製剤の有効利用や適正使用にも努めています。

墨東病院の病理診断部門には2名の常勤病理医と5名の非常勤病理医と、6名の病理担当検査技師が所属しています。検査科では迅速な診断・高度かつ正確な診断を心がけて運営していて、具体的には地域医療との連携病理組織標本の作製後は遅滞なく診断し臨床側へ報告することや、最新の免疫染色法などへの対応や地域医療との連携では地域医師会への情報公開です。墨東病院の検査科で行っているのは病理診断は組織診断の他に術中迅速診断や、細胞診断や病理解剖です。

病理科は他の診療科のように直接に患者さんと接することはありませんが、臨床各科の診療や研究活動を裏から支える大事な役割を果たしています。都立病院の看護師の求人情報は、都立病院のホームページに掲載されています。もしまた病理科の求人に興味があるのであれば、ナース人材バンクなどの看護師専門の転職サイトにご相談下さい。

都立病院の看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>都立病院の看護師求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2015 都立病院看護師ガイド※都立病院に転職したい看護師さんへ All Rights Reserved.