都立病院の看護師の採用の傾向

都立病院看護師ガイド >> 都立病院の看護師の採用の傾向

都立病院の看護師の採用の傾向

都立病院の看護師の採用は、以前は他業種の地方公務員と同じように、教養試験や専門試験などを実施していました。しかし、平成22年度からは、採用基準や選考制度が大幅に見直されました。

具体的には、さまざまな人が受験できるように、看護師免許取得見込者の場合は45歳未満、免許取得者の場合は60歳未満と年齢制限を引き下げました。対象年齢を引き下げたことにより、より優秀な人材を確保したい傾向がみられます。

選考方法も、小論文や面接などに切り替えました。これは、看護師としての人間性を大切にする採用に大きく変化したといえます。

病院では看護師だけではなく、医師や他の医療スタッフとチームを組んで治療にあたりますので、コミュニケーション能力が重要になります。また、時には患者さんの立場にたって、他の医療スタッフと接する場面もあるでしょう。

さまざまな病院のアクシデントなどに対応したり、看護師間での意思疎通も大切です。面接では、このような資質と適応性を見ているのです。

都立病院の採用は年に数回あります。欠員に応じての採用になるため、採用人数は、その年によってばらけていますが、新卒者で若干名、経験者でも20名程度と狭き門です。

東京都も深刻な看護師不足が問題になっています。新卒者の採用よりも、採用後すぐに即戦力となれる経験者の人員を募集している傾向が都立病院にも表れています。専門性が高い急性期の患者さんが多く集まる都立病院には、即戦力はなくてはならない存在です。

都立病院に限らず、国立、公立の病院は、採用数が少ないので、タイミングによりますが、自分が就職、転職をしたい時と合わないことが十分予想されます。都立しか考えていないという偏った考えでは、うまくいかないことも多いです。

都立病院を希望就業先としながら、より自分に適切な職場が他にもないか探してみることをおすすめします。無料の就職、転職サイトに登録して、自分に合っているところを探すのも1つです。

また、都立病院での就業を目標に、様々なキャリアを積むことも1つの手段です。転職サイトの中には、提携している大きな病院で実際に働きながら研修を受ける1年間研修制度を設けているところもあります。

年限定ですので、看護の初歩をじっくり学ぶ機会ができます。1年後、希望する病院に再度受験することにはなりますが、この研修で得た経験が採用に大きく関わることも事実です。

沢山の選択肢を自分の中で多く持つことが、納得のいく仕事先がみつかる第1歩につながります。

都立病院の看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>都立病院の看護師求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2015 都立病院看護師ガイド※都立病院に転職したい看護師さんへ All Rights Reserved.