都立病院の看護師の転職の志望動機は?

都立病院看護師ガイド >> 都立病院の看護師の転職の志望動機は?

都立病院の看護師の転職の志望動機は?

多くの看護師が都立病院への転職を考える理由として、「公務員になれる」というのがまず挙げられます。公務員の看護師といえば、昔から国立病院が有名でしたが、現在では「国立病院機構」という独立行政法人のスタッフとして採用されています。いわば、私立病院と変わりがない状況といえるのです。一方、都立病院は日本最大の地方自治体である、東京都の公務員となります。地方公務員という肩書きですが、東京都の職員であるという安心感はやはり大きいでしょう。厳密には「東京都病院経営本部」という組織の管理下で働く公務員という位置づけになり、給与や待遇の面からいっても安定感があるため、都立病院の人気は高いのです。

都立病院の看護師の給与は、病院の売上金ではなく、都民の税金から支払われます。病院の経営状況に影響を受けない点は、公務員ならではのメリットといえるでしょう。万が一、勤めている病院がつぶれることがあったとしても、職を失うことはありません。東京都の職員という身分は保証されており、他の都立病院へ異動することになります。どの業界でも、雇用の不安定さや給与削減で悲鳴を上げている中、こうした安定感は非常に大きいものです。もちろん、都民のために良質な医療サービスを提供することが都立病院の目的です。万が一の災害時には緊急病院としての役割も担いますし、先進的な医療で都民の健康に貢献することが第一となります。看護師として勤める以上は、公務員の一員として、都民のために献身的に看護をおこなう意識が必要といえるでしょう。

また東京都は、さまざまな対策を全国より先駆けておこなうことでも知られています。労働条件の悪さから、多くの看護師が離職する中、都立病院ではいち早く「7:1」の看護配置や、福利厚生の充実に着手しました。すべての都立病院に院内託児所が設けられ、子育て中の女性でも安心して働くことができます。そんな東京都も財政難から、今後、都立病院の経費削減を計画する可能性はあります。実際、国立病院にも削減は強いられていることから、都立病院も例外とはいかないでしょう。しかし現段階では、まだまだ安定感の大きい職場であることはたしかです。都立病院では、さまざまな診療科で高度な医療をおこなっていますので、最先端の医療ケアを学ぶことができます。また看護師を対象としたキャリアアップ支援も充実しており、「東京看護アカデミー」として研修体系が整っています。認定看護師や専門看護師の支援制度も確立されていますので、将来を見据えたスキルアップが可能な点も人気を呼んでいます。

転職に際しては、直接ホームページなどで情報をチェックするほか、転職サイトやエージェントを活用するのも賢い方法です。看護職に強いサイトでは、豊富な情報を保有していますので、都立病院への転職に関しても良いサポートを受けることができるでしょう。

都立病院の看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>都立病院の看護師求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2015 都立病院看護師ガイド※都立病院に転職したい看護師さんへ All Rights Reserved.