都立病院の看護師の離職率は?

都立病院看護師ガイド >> 都立病院の看護師の離職率は?

都立病院の看護師の離職率は?

全国どこの病棟でも、看護師の離職率が高まっています。日勤と夜勤のハードなくり返しや、サービス残業などで、心身ともに疲れ切ってしまう看護師は非常に多いようです。とくに子育て中の女性からは、子どもとゆっくり過ごす時間もない、という悲しい声も上がっています。その結果として、病棟をもたないクリニックや、病院以外の企業などに働き口を見つける看護師も急増しているようです。そのような背景から、都立病院では勤務条件や福利厚生の改善に力を入れており、他の民間病院と比べると働きやすいとの評判が聞かれます。また離職者にアンケートをとるなどして、長く働ける職場づくりに取り組んでいるのがうかがえます。

一般的に、看護師が離職を考える理由としては「心身の疲労」「サービス残業の多さ」などが挙げられます。特にサービス残業については、どの病院でもある程度普通におこなわれており、超勤があっても申告できない看護師も非常に多いといわれます。その結果、オンとオフの切り替え、ワークバランスなどが崩れてしまい、泣く泣く退職することになる看護師も多いようです。その背景には、看護体制の変化や、電子カルテなどの記録の充実もあります。一見、便利となったかのように見えるさまざまな変化は、実は看護師の負担を大きくしているという見方もあり、人員は減る一方なのにシステムだけ変わっていく、という現状があるようです。離職する看護師たちのほとんどが「看護師という仕事がイヤになった」のではなく、「なりたくて仕方ない職業に就けたのに、あまりの忙しさに辞めざるを得ない」という状況に追い込まれたといえるでしょう。

そうして、現在の日本には多くの「潜在看護師」があふれ、せっかくの資格を生かせずにいます。また治験業界や介護施設など、残業の少ない、規則正しい生活を送れる職場へと多くの看護師が流れているのです。希望の職場に採用されても、入ってみたら思った以上に過酷だった、というのはよくあることです。また働きやすい職場はなかなか人が辞めないため、ますますあぶれてしまう看護師も多くなっています。都立病院もその1つでしょう。そんな中で、良い働き口を見つけるためには、個人での求職活動では限界があります。

看護師仲間で情報交換はできますが、空きの少ない良い職場に滑り込むには、タイミングが重要です。転職サイトなどを活用しつつ、いち早く情報を手に入れることが大切といえるでしょう。また看護職を専門とする転職サイトでは、各病院についてのさまざまな情報を集めています。離職率から働きやすさ、人間関係の評判まで豊富に保有していますので、あとから「こんなはずじゃなかったのに」と思わないためにも、ぜひアドバイスを受けてみることをおすすめします。

都立病院の看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>都立病院の看護師求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2015 都立病院看護師ガイド※都立病院に転職したい看護師さんへ All Rights Reserved.