都立病院の看護師の耳鼻科の求人は?

都立病院看護師ガイド >> 都立病院の看護師の耳鼻科の求人は?

都立病院の看護師の耳鼻科の求人は?

原則として都内全域を対象範囲とする都立病院は三次保健医療圏として、広尾病院・大塚病院・駒込病院・墨東病院・多摩総合医療センター・神経病院・小児総合医療センター・松沢病院の8病院があります。そのうち耳鼻科があるのが広尾病院・大塚病院・駒込病院・墨東病院・多摩総合医療センター・神経病院・小児総合医療センターの7つの病院です。

例えば広尾病院の耳鼻科の特色や専門領域ですが耳や鼻や喉など、疾患全般にわたり幅広く対応できる診療体制が取られています。保存的治療だけでなく頭頸部領域の手術治療なども積極的に行われていますが、その他にも突発性難聴・顔面神経麻痺・メニエール病・鼻出血など入院治療が必要な症例についても対応しています。具体的には急激に発症する突発性難聴などはステロイド点滴治療で高い効果をあげていますが、もし点滴治療で十分な効果がない場合には局所麻酔下で鼓膜の奥に薬液を注入する鼓室内ステロイド注入法なども行われています。

さらに慢性中耳炎・真珠種性中耳炎・伝音性難聴の患者さんに対する手術や、老人性難聴への補聴器装用・耳鳴りやめまい症例の精査・平衡機能検査・理学療法など耳科学や神経耳科学領域の診療が専門領域です。また日本耳科学会評議員やアメリカ耳鼻咽喉科および頭頸部外科アカデミーの会員で、鼓室形成術に関してはこれまで1500件以上の手術の実績があることで世界的にも知られています。一般外来は平日の午前中で、午後は専門外来になっています。

大塚病院の耳鼻科の特色や専門領域は睡眠時無呼吸症候群と呼ばれるSASの治療で、生活習慣病治療センターと連携して問診・喉頭ファイバースコピー検査・携帯型睡眠時無呼吸検査機器でのスクリーニング検査などが行われています。SASは高血圧・糖尿病・脳血管疾患などの生活習慣病が主な原因で、場合によっては1泊2日の入院で終夜睡眠ポリグラフ検査も行っています。また小児の場合は多くが口蓋扁桃肥大やアデノイド肥大からSASが起きていて、手術による治療が優先されいます。

都立病院の看護師の求人は、病院のホームページに記載されています。都立病院の求人は新卒の採用が原則で、欠員が出ないと中途採用の求人は行われません。現在は中途採用の求人も行われているので、人気がある都立病院で働いてみたいと思っている看護師の方にはチャンスです。ただできだけ本人の希望に沿った配属が行われてますが、必ずしも耳鼻科に配属されるかは分かりません。都立病院の求人情報に関してもっと知りたい方は、ナース人材バンクなどの看護師専門の転職サイトにご相談下さい。

都立病院の看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>都立病院の看護師求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2015 都立病院看護師ガイド※都立病院に転職したい看護師さんへ All Rights Reserved.