都立病院の看護師の放射線科の求人は?

都立病院看護師ガイド >> 都立病院の看護師の放射線科の求人は?

都立病院の看護師の放射線科の求人は?

都全域あるいは複数の二次保健医療圏として急性期の患者さんを対象に医療に取り組んできた都立病院ですが、今では広尾病院・大塚病院・駒込病院・墨東病院・多摩総合医療センター・神経病院・小児総合医療センター・松沢病院の8病院があります。これら病院のうち放射線科があるのは広尾病院・大塚病院・駒込病院・墨東病院・多摩総合医療センター・小児総合医療センター・松沢病院の7病院です。

例えば広尾病院の放射線科の特色や専門領域ですが4人の担当医が迅速な読影を心がけていて、師画像診断についてはディスカッションを行い正確な報告書の作成に努めていることです。CT検査では64列マルチスライスCT装置2台で精密な検査を行っていて、3D画像を構築して心臓血管・脳血管・骨などの部位のより正確な読影を可能にしています。また広尾病院の役割である救命救急医療に関しても、短時間撮影が可能な64列CT装置が存在が大きいのです。

MR検査については1.5テスラMR装置1台で検査を行っていますが、脳・心臓・血管・肝胆膵・骨盤内臓器・整形外科などの領域で高い診断能を発揮しています。MR検査は磁気共鳴専門技術者が画像管理を行っていて、鮮明な画像と正確で迅速な報告書で地域医療連携にも貢献しています。この他にもアイソトープ検査・血管造影検査・消化管造影検査などの、専門的な技術を求められる診療も行っています。さらに放射線治療の診療に関しては1人の非常勤放射線治療医師が行い、リニアック装置で悪性腫瘍の治療を行っています。

大塚病院の放射線科の治療外来は大学病院から治療専門の医師を招き、毎週火曜日と木曜日の午後に行われています。治療装置はリニアックと呼ばれるX線直線加速装置で、年間に約120人前後の放射線治療を行っています。また放射線診断部門と核医学部門に関しては、院内の各診療科だけでなく地域協力病院にも広く開放されています。診断部門はCT検査・MR1・核医学検査・血管造影検査・マンモグラフィーが主で、年間に2万1000件前後の報告書を作成しています。膠原病やリハビリテーション患者など難病や、障害者医療に関する分野が多いのが特徴です。

原則的には新卒採用が中心の都立病院の看護師の求人ですが、欠員が出れば都立病院のホームページに中途採用の募集が掲載されています。とても人気があるので競争率も高いことでも知られていますが、興味がある方は応募してみてはいかがでしょうか。ただ都立病院では必ずしも希望しても放射線科に配属されるとは限りません。もし放射線科への転職に興味があるのであれば、ナース人材バンクなどの看護師専門の転職サイトにご相談下さい。

都立病院の看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>都立病院の看護師求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2015 都立病院看護師ガイド※都立病院に転職したい看護師さんへ All Rights Reserved.