都立病院の看護師の皮膚科の求人は?

都立病院看護師ガイド >> 都立病院の看護師の皮膚科の求人は?

都立病院の看護師の皮膚科の求人は?

東京都民に良質な医療サービスを行っている都立病院には広尾病院・大塚病院・がん・感染症センター駒込病院・墨東病院・多摩総合医療センター・神経病院・小児総合医療センター・松沢病院の8病院があります。そのうち皮膚科があるのが広尾病院・墨東病院・大塚病院・多摩総合医療センターの4つの病院です。

例えば広尾病院の皮膚科の特色や専門領域ですが皮膚外科と呼ばれる皮膚の手術で、小さいしこりの切除から植皮の手術まで幅広く行っています。またダーモスコピーという拡大鏡のようなものを使用して、皮膚の悪性腫瘍の診断から治療までが一貫して行われています。また最近では尋常性乾癬やアトピー性皮膚炎などの難知性の皮膚疾患に対しは、紫外線照射で治療する新しい紫外線治療も開始されました。これは「ヴィトラック」と呼ばれるピンポイントで、紫外線を照射できる機械で照射野が小さいのが特徴です。

さらに顔面のほくろの切除やいぼの炭酸ガスレーザーによる治療や、帯状疱疹や蜂窩織炎などの炎症性の疾患では緊急入院なども随時受け付けています。また広尾病院の皮膚科は日本皮膚科学会が認定するTNF-α阻害薬使用承認施設で、重症なアトピー性皮膚炎の場合は軟膏処置を施すのと同時に生活習慣の指導なども行う教育入院もできます。墨東病院の皮膚科の場合は入院を必要とするような救急疾患の患者さんや、難治な皮膚病や手術が主です。そのため救急疾患以外は紹介予約制となっていて、予約がない場合は待ち時間が1時間を越えることも珍しくありません。

大塚病院の皮膚科では常勤医2名が週に3〜4回と非常勤医3名が月〜金の外来診療を担当し、それぞれ皮膚科一般の他に専門分野があり広範な領域にも対応しています。一般外来診療は月〜金の午前中に行われ、午後は皮膚腫瘍などの手術や組織学的検査や皮膚貼付試験などの検査や午前外来で対応が困難な疾患の治療などが行われています。月曜日・火曜日・木曜日・金曜日は皮膚腫瘍・爪疾患・皮膚病理組織などを専門とした治療ですが、大塚病院の皮膚科は病院の性格上、二次診療や三次診療を扱うのがほとんどです。

都立病院では新卒および、経験者の看護師の求人を行っています。必ずしも希望する都立病院の皮膚科に配属されるかは分かりませんが、でいるだけ本人の希望に沿った配属が行われます。人気がある都立病院の求人は欠員がでないと、なかなか行われないので良いチャンスかもしれません。求人は都立病院のホームページで行われていますが、都立病院の求人情報など知りたい方はナース人材バンクなどの、看護師専門の転職サイトにご相談下さい。

都立病院の看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>都立病院の看護師求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2015 都立病院看護師ガイド※都立病院に転職したい看護師さんへ All Rights Reserved.