都立病院の看護師の眼科の求人は?

都立病院看護師ガイド >> 都立病院の看護師の眼科の求人は?

都立病院の看護師の眼科の求人は?

総合病院の多い都立病院では、「神経病院」と「松沢病院」を除くすべての医療機関に眼科を擁しています。エントリー時に病院の希望を出すことができますので、眼科への配属を希望する人は眼科のある病院を記載しましょう。眼科の看護師の仕事内容としては、他の科目と同様、医師のサポートと手術の介助などが中心となります。眼科病棟では手術が多いため、出術看護の臨床経験があると即戦力として期待される可能性が高まるでしょう。

また眼科の患者さんは、子どもから高齢者まで幅広いものです。あらゆる世代の患者さんとコミュニケーションがとれる能力も必要となります。そのように考えると、外来での経験も大いに活かせる科目といえそうです。白内障や緑内障、網膜剥離など、眼科ではさまざまな病気の手術がおこなわれますが、他の科と比べると1日の手術回数が多いため、看護師としてスキルをみがけるチャンスが多いのも特徴です。あらゆる目の病気の手術看護を学ぶことができるでしょう。また術前には、患者さんのメンタル面でのケアも大切な業務となります。眼科の手術は、いくら安全といわれても、万一の失明の可能性などを考えると、患者さんにとって不安は大きいものです。手術の安全性をしっかりと説明し、元気づけたりリラックスさせてあげることも、眼科の看護師には重要な能力といえるでしょう。

さらに眼科は、他の科と比べても検査の種類が多いため、看護学校では習わないような機械の操作方法などにも慣れる必要があります。そのため男性看護師にも向いている領域といえるかもしれません。視力測定や視野検査、シルマーテスト、眼底検査、眼圧検査、超音波眼球検査など、それぞれの機械を操作しながら検査をおこないます。

都立病院では、病院自体の希望を出すことはできますが、診療科目の指定はできないのが現状です。面接時などに眼科勤務に対する熱意などをアピールすることは可能ですが、必ずしもその通りにならないこともあります。できれば事前に眼科での経験を積んだり、メンタル面でのサポートが得意であることを伝えられると、希望の配属先に行ける可能性は高くなるかもしれません。

求人は「東京都病院経営本部」のホームページなどで公開されますが、欠員が出た時など不定期であり、また募集人員も2〜3名など若干名であることが多いようです。チャンスを逃さないためにも、看護師専門の転職サイトやエージェントを活用するのも賢い選択といえます。常勤看護師の場合は、面接と小論文で選考されますので、高い倍率を勝ち抜くためにはそれなりの対策も大切です。転職サービスの中には、そういったサポートもおこなっているところが多いため、ぜひ活用してチャンスを生かしましょう。

都立病院の看護師求人サイトランキング!

  サービス名 利用料 運営企業 オススメ度 詳細
ナース人材バンク 無料 株式会社
エス・エム・エス
★★★★★ 詳細



>>都立病院の看護師求人サイトランキング!・2位以降を見る


Copyright (C) 2012 - 2015 都立病院看護師ガイド※都立病院に転職したい看護師さんへ All Rights Reserved.